古本屋HoneyBeeBrandの新入荷

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドンレミイの雨 新潮文庫

new4b-91.jpg

『ドンレミイの雨 新潮文庫』
(池波正太郎/新潮社)
売り切れ

池波正太郎先生のほぼフランス旅行記。
(池波正太郎は先生と呼びたくなります。)
通訳の青年とドライバーの青年と、奥様を連れての自動車旅行。
いいなー!
わずらわしい乗り換えもないし、
言葉のドキドキもない。
(先生も「買い物くらいは一人でできるもん」のご様子ですが)

あくせくせず、じっくり見たいものを見て、
食べたいものを食べておいでです。
見るものも食べるものも、先生の御眼鏡にかなったものです。

池波正太郎の良いところは、
安いものでも、うまいものはうまいと言ってくれるところです。
うーん。
今、自分で言って、すごくしっくりきました。
そうよ!
高い安い関係なく、うまいって言ってくれるから信頼できる。
フランスの地元の居酒屋の親父と仲良くなっている池波正太郎の旅行記は楽しい。

気取ってない。
でも難しい顔をした老紳士の威厳ある様子が、旅行者として好ましい。
そりゃみんな親切にしてくれますよ。

モノクロ写真や、先生の絵も収録されています。
でも、池波正太郎がSNSをやっていたら、
ばんばん写真をあげてくれただろうな~と思わずにはいられない、
「ちょっとそれカラーで見たい」料理の記述が満載の、
楽しい旅行随筆。
読んでいてお腹が減りました。


関連項目>>
→ミニ特集 vol.40 どんな旅に出る?(当店サイト内、PC用)
→雨つながり(当店サイト内、PC用)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。