古本屋HoneyBeeBrandの新入荷

ARTICLE PAGE

ドアにはられた幸運、せむしのバイオリン弾き、雪の夜の魔法(ルートヴィヒ・ベヒシュタインの三つの童話)

new4b-87.jpg

『ドアにはられた幸運、せむしのバイオリン弾き、雪の夜の魔法(ルートヴィヒ・ベヒシュタインの三つの童話)』
(ルードヴィヒ・ベヒシュタイン ジャン・クラブリー絵 松代洋一訳/DEMPA:ペンタン)
昭和61年初版 函欠(3冊組で函に入っていたタイプのようです。当店在庫は函欠) 
カバー有 カバーに小さなコーティング剥げ、スレキズ、小汚有
¥1,000(送料無料、税込)
→注文する

出版当時は3冊組・分売不可で箱入だったようです。
当店在庫は残念ながら箱欠。

文庫サイズのミニ絵本。

どれも聞いたことがある話でした。
どれもちょっと好き。
宝くじをドアに貼っておいたら…という話、
死んだ妻が生き返るけど信じなかったら馬が…という話、
せむしのバイオリン弾きが貴婦人たちのために演奏してあげたら…という話。

好き度は「ちょっと好き」程度ですけど(ごめん)、
不思議に心に残る話なんですよね。
ほんと不思議。
中でも宝くじの話が一番好きです。