古本屋HoneyBeeBrandの新入荷

ARTICLE PAGE

赤裸の心



『赤裸の心』
(ボードレール 河上徹太郎訳/角川書店)
※カバー欠、裸本 昭和24年再版 本体表紙汚、背ヤケ、折れ線 見返しに変色
全体に紙質悪、シミ変色 ヤケも強く年代を考慮しても状態悪め
売り切れ

「覚書」と書いてあります。
ボードレールの残した覚書。
断片的文章をまとめて収録。

詩の一節になりうる文章もあれば、
遠慮のない批評や真情の吐露、
と思しき文章もあります。

読まれることを想定していないのでしょうから、なんだか気の毒と言えば気の毒。
私の知らないボードレールもいました。
面白いです。
ボードレールの書いたメモみたいなものですから、
面白くない箇所や難解な箇所は読み飛ばせばいい、と思います。
古めかしい見た目に反して、気楽な読書にいかがでしょう。


※作品自体は、全集で読めるらしいです。この版にこだわる方に。