古本屋HoneyBeeBrandの新入荷

ARTICLE PAGE

ブタノくんのチョコレート



『ブタノくんのチョコレート』
(小沢正/学研)
※カバー欠 1985年(版数の記載はなし。カバーに記載のパターンかも)
¥2,000(税込)

→注文する

小沢正さんの小説、好きなんです。
たいてい、絶版、稀少傾向になってるのが残念。
特に、以前在庫していた『せかいいちきたないレストラン』が好きでした。
→せかいいちきたないレストラン(当店サイト内、PC用)

本作『ブタノくんのチョコレート』も、子ども心にアピールする(そして大人にもアピールする)絶妙な展開。
なにしろ、主人公であるブタノ君は、「お金」に関心があるのですから。
子どものくせにお金を稼ぐ方法を真剣に考えています。
読み進むうちに大人の私も思い出しました。
そういえば、子どもの頃にもお金に関心あったなって。
お金がたーくさんあったら、おやつをいっぱい買えるとか、
おもちゃをいっぱい買えるとか、想像したなって。
それだけで頭がいっぱいになることはなかったけれど。

そんなブタノくんが迷い込んだ国は、なんとおやつが通貨。
おやつを持っていたブタノくんはあっというまに大金持ちになります。
という展開。
好きだわ~。
『せかいいちきたないレストラン』ほどではないにしろ、楽しみました。

→ブタさんつながり(当店サイト内、PC用)
→チョコレートつながり(当店サイト内、PC用)
→お金つながり(当店サイト内、PC用)