古本屋HoneyBeeBrandの新入荷

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんたってドーナツ 美味しくて不思議な41の話 ちくま文庫

tuna5a-59.jpg

『なんたってドーナツ 美味しくて不思議な41の話 ちくま文庫』
(早川茉莉/筑摩書房)
2014年初版 カバー

売り切れ

ドーナツに執着を感じる方は多いみたいです。
そういう方は、あの穴がたまらんと、あの形にも何かを感じられるようです。
私自身はそれほどでもなくて、たまに食べる程度。
必ず買っちゃうお気に入りはありますけどね。

本書を見た時はちょっと感動しました。
「ドーナツアンソロジーとは!」と。
まさかそこまでとは、という気持ち。

岸田劉生や植草甚一、武田百合子ら有名どころの好エッセイも、
田村セツコ、林望、北野勇作らの書き下ろしも多数あります。
41篇。
定本もさまざまで、丹念に集められていて感心しました。


関連項目>>
→穴つながり(当店サイト内、PC用)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。