古本屋HoneyBeeBrandの新入荷

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

失われた時を求めて 全一冊

new5b-05.jpg

『失われた時を求めて 全一冊』
(マルセル・プルースト 角田光代・芳川泰久編訳/新潮社)
2015年初版 カバー 帯

売り切れ


当然、私は「失われた時を求めて」を全部読んでいないので、
何も言う権利はないわけです。

「失われた時を求めて」と言えば、マドレーヌ。
「失われた時を求めてカフェ」を開くなら、看板メニューはマドレーヌだと思う。
という程度の認識の人に何か言う権利があるとは思えない(笑)。

(でも何か言ってみます。)

この大作の抄訳は何度か(一度か?)試みられていると思うのですが、
角田光代さんで、縮約で(抄訳ではないですし)、
しかも「画期的縮約版(帯より)」ということで、
また新たな期待をして読むのもよいと思います。
「ほぅ! こんなん出てたんか」と思った本。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。